5年ぶりの新作をリリースするアヒト・イナザワ率いるVOLA&THE ORIENTAL MACHINE。新ヴィジュアルを公開!

約5年ぶりとなる新作「Transducer」を4月3日にリリースするVOLA&THE ORIENTAL MACHINEが新しいアーティスト写真とアートワークを公開した。
2000年代のロックシーンにおいて、いちはやくニューウェイヴ、ダンスミュージックの要素を取り入れたサウンドを産み出し、数多くのミュージシャンに影響を与えてきた彼ら。
5年ぶりとなる新作は畳みかけるビートのロックから、多幸感溢れるメロディ溢れるスロウテンポな曲まで全8曲が収録されている。今作には抽選で選ばれた彼らのファンがコーラスに参加したり、ギター楢原が作曲した曲も収録されるなど新しい試みもあり5年のブランクをまったく感じさせない作品となっている。
アルバムに先駆けて収録曲「MAC-ROY」が2月27日にデジタルシングルとして先行配信される。そしてリリース後には9年ぶりとなる全国ツアーも決定している。
来年の結成15周年に向けて、再び精力的な活動を始めた彼らに是非注目してほしい。

<アルバム情報>
*NEW ALBUM
“Transducer”
2019.04.03 RELEASE ACW-015 ¥2,000+税

M-1. Hangover & volafc.com
M-2. MAC-ROY
M-3. 雨が降ってもまた明日(仮)
M-4. Rare case a Window
M-5. Perfect yellow
M-6. Winter ghost
M-7. Parallel Lines
M-8. Last Dance

===========================
*DIGITAL RELEASE
“MAC-ROY”
2019.02.27 RELEASE ACWS-002 ¥200
M-1. MAC-ROY
各社配信サイトにてダウンロード販売開始

===========================